EVERGREEN HOME | 株式会社エバーグリーンホーム

お問い合わせ

President,s Column | エバー代表のコラム

President's Column | エバーグリーンホーム代表・猪狩裕一の思いをお伝えします。

年別アーカイブ:2019年

仕事を奪うのは人間。それを救うのも人間。

2019年2月

ワールドカップで日本のサポーターが試合後にごみを拾うのを見て、海外では「さすが日本人は民度が高い」「素晴らしい国民性だ」と話題になりました。しかしその一方で、「スタジアムの掃除の仕事を奪う行為だ」と揶揄する人もいました。それはどちらも正しくて、日本人のそれは本当に良い行いだと思いますが、いざ実際に世界中のサポーターが試合後にごみ拾いを始めたら、掃除人の仕事はなくなってしまいます。雇用の喪失です。立場によってはして欲しくない行為に思えます。面白いですね。

そんな風にして、世界というのは、腑に落ちない人間の行いの数々によって雇用が守られている、とも言えます。コンビニの弁当は一定時間が過ぎると廃棄されるという非常にもったいないサイクルで動いています。だからといってそのサイクルを断ち切ってしまうと、多くのお弁当の生産者が職を失います。人間は、職を失ったからといって何もしないでいいという生き物ではありません。健康であれば働く義務があるのですから、何か新しい仕事に就かないといけません。腑に落ちない人間の行いを断ち切るのは人間ですが、そのことで職を失った人間の受け皿を考えなければならないのも、また人間です。

技術の進歩でどんどん既存の職が失われていきます。かつては駅に切符切りの鉄道職員さんがいましたが、自動改札の普及で今や皆無です。今はまだスーパーにレジのお姉さんがいますが、セルフレジは間違いなく彼女たちの存在を消滅させます。切符切りの鉄道職員さんがどこかで異なる仕事に勤しんでいるように、レジのお姉さんもいつか異なる仕事に勤しむのでしょう。ロボットがどんどん人間の仕事を減らしているのではなく、減らしているのは人間です。そしてそのことであぶれた人々を違う職場に動かすのも人間です。そうやって時代は繰り返されていきます。

怖いのは、その行く末が二極化の方向に向かってしまうことだと思います。つまり、人間の労働は、どんどん、管理する側と単純労働をする側の二方向に分かれていってしまうことです。それは察するに、勝ち組か負け組かみたいなことかもしれません。期待したいのは、その入れ替えがあるかどうかです。勝ち組はいつまでも勝ち組であるわけではなく、負け組はいつまでも負け組でない、緊張と希望のどちらもある社会になっていければいいのではないかと思います。

↑ページの先頭へ戻る

本来の自分であり続ける日々へ。

2019年1月

暮れから正月にかけて、昨年一年間の自分自身がどうであったかを振り返ってみました。反省すべき点があります。それは、他人任せの部分が多かったのではないかということです。今まで自分がしていたことをスタッフに任せるようなことがありました。もちろん自分がすべきことというのは今まで通りしっかりとやっていたつもりではあります。しかし、自分への甘えと周囲への甘えが働いたか、あるいは忙しいからという甘えが働いたか、どこかで周囲をあてにしていた節があります。今年は昨年のそういう考え方を振り切って、きちんと今までのような自分に戻ることが大切だと思っています。

今年、エバーは25周年を迎えます。それまでの私はどうであったかを思い返してみると、ずっと同じことをしています。それは、目の前の課題を解決していく、その繰り返しです。エポックメイキングな大変身というものは記憶にありません。ひとつ課題を解決したら、次の新たな課題を解決していく、その繰り返し。一つ邸を仕上げたら、次の邸に取り組む、それを繰り返してきました。その繰り返しの中で経験を重ね、成長をしてきたのでしょう。私にとっては、そうした、同じことをきちんと繰り返してゆけることこそが何よりも重要なのかもしれません。

そういう人生の中で、この先は何をなすべきか、そんなことを考えていました。もちろん、人間は夢や目標をもたなければなりません。今はそうでなくとも、いつかは今の自分にはない高みの世界に行くのだ、という思いです。

じゃあそのために、今をどう生きればいいのか。夢や目標だけ思い描いて何も積み重ねなければ、それではただ憧れているだけです。

私は今年、一つのシンプルなテーマを掲げることにしました。それは「目の前のことをしっかりやる」ということです。目の前にあるものをしっかりと見つめる、考える、解決する、それをきちんとできていることが、いつかやってくる目標に近づいていけるための必須の行いだと感じるからです。他人に任せてしまってはいけないと思っています。

ゴミが落ちていたら、自分から率先して拾う。これって簡単なことのように思えて、実はそうでもないのです。見て見ぬふりをして、誰かが拾ってくれるのを待つようなことが本当によくあります。他人がしてくれても事は解決します。しかし、自分自身は何一つ成長をしないのです。目標は、成長する人間にのみ訪れます。

↑ページの先頭へ戻る