EVERGREEN HOME | 株式会社エバーグリーンホーム

お問い合わせ

Works -施工例- 【各種施工例】

葉山町 I邸

【住宅】2013年12月竣工

モダンをおさえて家らしく。赤ちゃんと同い年の家。

Point

初回のお打合せの際から「外壁は板張り、外観はモダンなものではなく家らしい形のもの」という、明確なイメージをお持ちでした。お子様が生まれた年にご入居されたいというご要望から、多少厳しい工期を職人らの協力のもと、年の瀬迫る12月22日に無事お引渡しをすることができました。

モダンすぎない家、という要望には個々の感覚の線引きが難しい所もあります。当初は探り探り、ある意味では慎重に要望を形にするだけではなく、お施主様との感覚を擦り合わせていくことにも重点を置きながら打合せを重ねていきました。

家の形が最も象徴される三角屋根や、内外観で大部分に採用した板張り、その他各所でこだわりのご要望がありましたが、設計者に任せていただいた部分も多く、完成した建物が葉山という場所に落ち着きながらもどこか品を漂わせていたのが印象的です。モダニズムという言葉が今日において何か大事なものまでもそぎ落としてしまっているのではないかと言っても過言ではないくらい、今回の邸は家族の絆や温かさに満ちていました。

そして、こだわりや信頼のもとにこの邸が成り立っており、それに関わることで、設計者としても気づかされることや得るものが大きかったのだと思います。

内観は、吹き抜けの2階リビングは南北に伸びる大空間が特徴です。床を濃い色の無垢材で引き締め、壁は自然塗料でやわらかいオフホワイト色の塗り壁。天井には外部と同じ杉板貼り。足元から天井へ向けて高さと広がりが感じられる設計を際立たせる仕上げとなりました。

木をふんだんに使用したしつらえは牧歌的になりすぎるきらいもありますが、造作部を直線的で平面にし、色調も統一させ器具類も小さくシンプルにして、木目以外の主張を押えていくことを念頭においてのコーディネートでした。年月とともに杉板の色が重厚感を増し、ご家族様の歴史がつくられていくのだと楽しく想像させる家となりました。

途中、奥様の初出産もあり、きっとお忙しく慌しい生活の中であったにもかかわらず、真摯に家づくりに向き合ってくださいました。

※2014年3月、外観の撮影写真追加(1〜2枚目)

エバーグリーンホームへのお問合せ・資料請求

  • 【お電話の場合】0120-681-375 / 受付時間 9:00〜18:00 ※水曜日を除く
  • 【メールの場合】メールフォームよりお願いいたします (Mail Form)