EVERGREEN HOME | 株式会社エバーグリーンホーム

お問い合わせ

Works -施工例- 【各種施工例】

茅ヶ崎市 Y邸

【住宅】2016年7月竣工

コロニアルの外壁と存在感のあるファサード。

Point

本邸の配置計画は、南側と北側の周辺建物と適度な離隔を確保できるよう、敷地の中央に配置しています。北側はポーチ部分の2階を跳ね出すことで、普通車1台分のスペースのほか小型車や自転車等が置けるスペースを確保しました。

建物の構成は、1階に個室と洗面・UB等の水廻りをまとめ、1階の壁面を多く取ることで構造強度を確保しつつ、2階のLDKが自由にプランニングできるよう考えました。

LDKは、周辺建物の状況から、唯一抜けが確保できる北西角にコーナーサッシを設置し、その対角上にリビング・ダイニング・キッチンと配置していくことで面積以上の拡がりが確保できるように工夫しています。またLDKの中央には構造的に必要な柱梁をあえて中央に設置することで、リビングとダイニングを緩やかに仕切りながらつながりのある一体的な空間とし、開放感のある居心地の良い空間ができるように設計しました。

LDKは木の柔らかい雰囲気を出し、天井に羽目板、梁や柱は本物の表しのように見せるためプラスターボードの上から無垢材を貼っています。キッチンの腰壁もビーチの無垢材を張っています。1階はフローリングはオーク材のオイル塗装で、部屋によって落ち着きのあるダークブラウンと明るい印象のホワイトの2色を使用しました。

設備は白で統一し、シンプルなものでまとめています。

LDKに面した2階トイレはお客様も使用することが想定されるため、斜めにトイレを設置し、空間を広く使えるように配置しており、また手洗いを設けております。

階段にはエアコン使用時、冷気の逃げ防止、ペットや小さなお子様が階段から落下を防止する扉を取り付けました。使用しない時は壁の中にぴったり納まるようになっています。

勾配天井部分には照明はあえて取り付けず、羽目板がキレイに見えるようにしています。また梁下のライティングレールや床置きの照明を設置することで、お施主様の必要な場所に明かりを配置することができ、落ち着いた雰囲気になってくると思います。バルコニーへつながるサッシには窓台を兼ねたベンチを設置しています。

外壁には主に屋根材に使用するコロニアル材を用い、シンプルでありながら存在感のあるファサードをめざしました。コロニアル材は3色の混ぜ葺きとすることで、見る角度や光の当り方により豊かな表情が感じられるよう工夫しています。

エバーグリーンホームへのお問合せ・資料請求

  • 【お電話の場合】0120-681-375 / 受付時間 9:00〜18:00 ※水曜日を除く
  • 【メールの場合】メールフォームよりお願いいたします (Mail Form)