EVERGREEN HOME | 株式会社エバーグリーンホーム

お問い合わせ

Works -施工例- 【各種施工例】

茅ヶ崎市 N邸

【住宅】2019年05月竣工

非凡なデザインへの挑戦が随所に発想をつくり出す。

Point

神社の境内に隣接する変形敷地のプロジェクト。日当たりや眺望について考えた場合、本来なら2階にリビングを持っていくのがベターな環境下です。しかしあえて1階にリビングをもっていくことで、神社の境内との距離感や光の取り入れ方に非凡なデザインを発生させることができます。それを建築全体へとつながるアプローチとして設計を行いました。

リビングの窓は適度に境内の雰囲気を取り込める程度のサイズ感とし、階段室に吹抜けをつくりハイサイドの窓から必要な明るさを確保するような計画としています。時間によっても季節によっても光の入り方はさまざまであり、自然光が差し込む美しさをあらためて感じられる邸をめざしました。

1階の落ち着いた雰囲気を「静」とするなら、2階は「動」となるよう明るい居室とし、廊下や収納も居室と続き間に見せることでセカンドリビングのような生活可能な間取りとしています。

内部空間は、立地から1階LDKには通りに面して大きな開口が取れないことから、光を上手く表現するということをテーマに考えていきました。

1階LDKは、階段側面からの光、唯一通りに面した掃き出し窓からの光をいかに印象的にみせるか考えました。また、階段上部からの光を木漏れ日のように見せたいとの設計のコンセプトを基に、内部は京都の町屋風な静寂で落ち着いた雰囲気のイメージを考えました。そこでLDK入口の引き戸を開けてすぐに目に入る正面の掃き出し窓に、表の視線を遮りつつ光だけを取り入れる格子の建具を用いました。合わせて中央の階段の壁に墨色の和紙を重ね貼りにし、キッチン側の壁にはグレイッシュなラフな左官を用いました。

2階は逆に光を最大限に生かした、白を基調に明るくて活発なイメージにし、相対する印象のプライベートな空間に仕上げました。

エバーグリーンホームへのお問合せ・資料請求

  • 【お電話の場合】0120-681-375 / 受付時間 9:00〜18:00 ※水曜日を除く
  • 【メールの場合】メールフォームよりお願いいたします (Mail Form)